logo
TOP > 活動一覧 > キャンパスライフ相談会 > 第1回 > 鶴見 和大 先輩

h1

sidemenu
PROFILE
講師紹介
LECTURE
講義内容
キャンパスライフ相談会
キャンパスライフ相談会とは
第1回
鶴見 和大 先輩
関 峻介 先輩
青木 優 先輩
田制 明日香 先輩
吉野 誉志朗 先輩
坪井 聡 先輩
h2
tsurumi
鶴見 和大 先輩

経営学部 経営学科
2012(H24)年度卒業

『在りたいように在れ』

【大学1年】
教育業界にて1年間「人生を預かる仕事」に魂を売り、無ければつくれ!精神でサークルを創設。
【大学2年】
留学を決意。そして自分の夢に対して真剣に考えるようになり、TV局の世界へ。
【大学3年】
明治大学の為になにかできないかという想いから、ゼミナール協議会という立場から大学、そして同じ学生になにかできないかを模索。就職活動6月スタート。
【大学4年】
天職と思えたウエディングプランナーの道へ進む決意を、そして大学生活最後の集大成としてMBCを創設。12月に明治大学初のビジネスコンテストを開催。そして、留年へ。
自分の不甲斐無さを痛感し、「生きる」とは?を真剣に日々考え、現在自分の夢のために、そして家族や仲間のために、まずは自分自身を見直すことに。

h3

第1回キャンパスライフ相談会要項

Q. 将来の夢、残りの学生生活の目標を教えてください。


ライフソリューションというフィールドにおいて、『Make Memory』を一生のライフミッションに掲げています。 この夢に出会えたのは、自分は就職活動時が大きかったです。大学3年まで何もかもとにかく突っ走ってきた3年間で、なかなか振り返るという行為をしてこなかった。だからこそ、いろんな人に迷惑もかけたと思うし、かけがえのない仲間という財産ができた。 そんな中で、とにかく行動していった就職活動で、人と同じ就職活動はしたくない、そして就職活動のために就職活動をしたくない。 僕、シューカツって言葉が大っ嫌いなんです(笑)なんで、説明会には120社以上、そしてOB,OG訪問には1000人以上行きました。 その結果、本当にぶれない夢と手段を手に入れることができたんです。夢、夢ってよく言うけど、そんな簡単に見つかるものじゃないと思います。 つか、夢を探してるんじゃ見つからないんじゃないかって。 まずは、己を知り、仲間を信じ、人生を豊かにするためにはというのに対して真剣に取り組むからこそ出会える、かけがえのない財産だと思います。 ウエディングプランナー、すてきな職業ですよ。でも、僕がその先に見ているのが、ライフプランナーなんです。

Q. 鶴見先輩にとって大学生活とは?


一言で言うと、「挑戦」。別に何やってもいいと思います。それで満足してるなら。でも、常に満足しなかった。 だって、行動する度に、また新しい世界を知ってしまうから。知らない環境、知らない風景、知らない人々。 それだけでおもしろい、ワクワクが止まらない性格であっただけ。 やってみるからこそ、振り返ってみると、本当に自分がやりたいことが見えてきたり、 逆にこれは自分の性格上合わないなってわかるからこそ、自分なりのオンリーワンのアクションができる。 それを可能にさせてもらったのは、やはり家庭であり、明治大学という環境だった。例えば、人生を100年と捉えると、大学生活は基本的には4年間。 自分が目指すものはなにか。何のために生きていくのか?そこから、考えれば自ずと自分なりのキャンパスライフが見えてくるはず。 別に行き当たりばったりでもいいと思う。まじめにこつこついいと思う。 ただ、自分の中で、判断の基準軸を持っておくと、より充実し、より賢く、人生をそして、大学生活を豊かにできると思う。人生楽しんだもん勝ち! これは、僕が高校生から思っていることです。楽しいことはもちろん楽しみ、辛いことも楽しんでしまえば、 それは自ずと自分を成長させ、より充実させるための壁と思えてくる。それを可能にさせてもらったのが、僕は「仲間の存在」でした。 何でもはなせる仲間がいて、バカできる仲間がいて、一緒に泣ける仲間がいて、一緒に突っ走れる仲間がいて、 一緒にぶつかり合う仲間がいたからこそ、こんな大学生活を送れたと思います。僕の大学生活は、この「ワクワク」×「仲間」でできています。 さーて、その為には何が必要なのか?

Q. 後輩へ向けてメッセージをお願いします。


今回聞きにきてくれる人も、今回行けない人も、こんなの全く興味ない人も。とにかく、「自分」とは?を日々考えながら、 本質を見極めながら生きてほしいと思います。自分がどうしたいのか?自分がどうなりたいのか?そんな気持ちを大事にして、 まずは行動してみることを僕はおすすめします。行動にも移さず、うだうだ言ってるほうがかっこわるいと思うから。 今、何かを変えたい。 こうしたい、ああしたいと思っている明治の後輩には僕はできる限りのことをしたいと思っています。 少しでも興味持ったら、まずはこの会に参加してみては?皆さんの想い、聞かせてください。

鶴見先輩、ありがとうございました!