logo
TOP > 活動一覧 > キャンパスライフ相談会 > 第1回 > 青木 優 先輩

h1

sidemenu
PROFILE
講師紹介
LECTURE
講義内容
キャンパスライフ相談会
キャンパスライフ相談会とは
第1回
鶴見 和大 先輩
関 峻介 先輩
青木 優 先輩
田制 明日香 先輩
吉野 誉志朗 先輩
坪井 聡 先輩
h2
aoki
青木 優 先輩

国際日本学部 国際日本学科
2012(H24)年度卒業

『一人旅に出てみよう。』

【大学1年】
明治大学国際日本学部に1期生として入学。
【大学2年】
テニスサークルに入るも馴染めず、大学2年の後半から半年間インターンシップに参加。
【大学3年】
インターンシップ後は、ビジコンや短期インターンシップに積極的に参加し、3年の9月に海外で初1人旅をする。
【大学4年】
大学4年時に1年間休学し、「Facebook×世界一周」という企画で7ヶ月間の世界一周の旅に出る。今年の1月に帰国し、4月より復学。
世界一周体験談

h3

第1回キャンパスライフ相談会要項

Q. 将来の夢、残りの学生生活の目標を教えてください。


将来は、日本の文化を世界に発信し、外国人に日本に旅行をしてもらうインバウンド事業をやっていきたいと思っています。 今後の日本の可能性は、日本の文化発信とインバウンド観光事業だと思っていて、それに向かって今動いています。 残りの大学生活では、日本を巡り、日本という国を自分なりに言葉にしていきたいですね。 学生だからこそ、出会える人も多いので、学生という身分を上手く使っていきたいです。

Q. 青木先輩にとって大学生活とは?


リスクがない時間、というと言ってもいいくらい、何でも挑戦できる時間。

Q. 後輩へ向けてメッセージをお願いします。


今日本人に足りないものは、「何もしない時間」と言われています。 学歴とか誰かが作った人生のレールとか、社会とか、ずっと何かに縛られて生きてて、自分自身と向きあう時間が少ない。 僕は多くの学生に、一人旅を勧めたいです。一人旅をしたことがある人ならわかると思うけど、一人旅って結構暇なんですよね。 物を多く持ち歩けないから、やることがない。常に話す相手もいない。だからとにかく考える。自分の内面と向きあう。 その何もしない時間で、ふーっと自分の人生や自分なりの哲学を追求してほしい。自分の当たり前の言葉について向きあってほしい。 人生ってなんだろう、生きるってなんだろう、幸せってなんだろう。 好きな事、嫌いな事、やりたいこと、何でもいいから、ぐるぐる考えてみてほしいです。 もし僕が大学一年生の時の自分に出遭ったら、間違いなく旅に行けと言うと思います。 そんな無理して一ヶ月後に飲み会の予定なんて入れなくていいから、旅に行けと。

青木先輩、ありがとうございました!