logo
TOP > 活動一覧 > キャンパスライフ相談会 > 第1回 > 田制 明日香 先輩

h1

sidemenu
PROFILE
講師紹介
LECTURE
講義内容
キャンパスライフ相談会
キャンパスライフ相談会とは
第1回
鶴見 和大 先輩
関 峻介 先輩
青木 優 先輩
田制 明日香 先輩
吉野 誉志朗 先輩
坪井 聡 先輩
h2
tasei
田制 明日香 先輩

政治経済学部 政治学科
2012(H24)年度卒業

『思考を行動にすることで、新しい道は切り開ける!』

【大学3年】
都市政策ゼミに所属。ゼミだけでは普通だなと思い、ゼミナール協議会にも所属する。 企画局として700名規模の就活講演会を担当し、仲間の大切さを学ぶ。
【大学4年】
その後、ずっとしたかった留学をするには今しかないと思い、大学4年次を休学。
UCBerkeleyへ短期留学する。その後、どうせインターンするなら海外で!と思い、サンフランシスコにてWEBデザインコンサル会社、btrax, Incにてインターンを経験。4月より復学。

h3

第1回キャンパスライフ相談会要項

Q. 将来の夢、残りの学生生活の目標を教えてください。


「グローバルで活躍する素敵な女性になる!」 サンフランシスコでのインターン経験から、やはり英語を使って海外で働きたいなという想いが非常に強くなりました。 シリコンバレーで感じたITの可能性・将来性、時代の変化の早さ・スピード感に惹かれたので、 IT関係の常に時代の最先端テクノロジーに関わるような仕事がしたいです。 また、アメリカでの自立した女性がカッコいいという風潮、家族を大切にし、職場もオープン&フラットであるワーキングスタイルが非常に魅力的です。 自分に自信を持って、前向きに仕事を進めていくことが何よりも大切なので、本当に自分次第の実力で試していける分楽しみを感じます! 私は留学先のサンフランシスコが本当に大好きなので、サンフランシスコに戻って将来もずっと住めたらなと思っています。 残りの学生生活では、学問と趣味を極める予定です。 学問とは、英語と卒論。英語はTOEIC以外にも、実際に海外の大学で求められるTOFELなどのレベルの高いテストを勉強しようと思います。 卒論は、学生時代最後の集大成なので、全力で取り組む予定!卒論作成と同時に、専門性を深めたいなと思います。 そして、私、これだけは負けません!大好きなんです!という趣味を追求する。 Jazz、ミュージカル、インテリアなど趣味が多様なので、時間のある学生時代のうちに人にきちんと語れる程の知識をつけたいなと思います。 実際に様々なお店や場所に訪れて、楽しみながら学んでいきたいです。

Q. 田制先輩にとって大学生活とは?


「様々な人・本と出会い、新しいことにチャレンジし、そして学習する期間」 大学生活では、今まで以上にいろんな人、そして本に出会う機会が多いです。ふと気がつけば、様々な人や本との出会いが自分の思考や行動の幅を広げて、選択肢が増やしてくれていると思います。 そして、それらを元に実際に自分で新しいことにチャレンジしてみる時間が日本の大学生にはある。 結果的に、そのチャレンジの成功・失敗に関わらず、必ず何か今まで気付かなかったことを学ぶはずです。 インプット→アウトプット→結果と気付き、きっと何気ないこの繰り返しが自分を深めていってくれると思います。 それができるのが大学生活の醍醐味なのかなと思います! 私も振り返れば、学校内・学校外の友人、バイト中に関わった人々など本当に多くの人々に出会ったり、本を読んだりすることで、 非常に元気づけられ、助けられ、支えられたりしてきました。劇的に人生を変えることができるのは大学生活が大きいと思うので、是非いろんなものに出会ってみてください!ちなみに私のおすすめの本は「星の王子さま」です。

Q. 後輩へ向けてメッセージをお願いします。


「悩みや不満の言葉や思いではなく、改善案を行動に。」 大学生活中「これでいいのかな、何がしたいんだろう。」と迷いや悩みを持つと思いますが、それを言葉にするだけじゃなく、 「じゃあ、どうしたら解決できるんだろう?」と考えて、実際に行動にして表現していくことが非常に重要だと思います。 現状を嘆くよりもその先のために今やるべきことを考えてみると、自然と視野も広くなり、将来の自分に対して明るい想像が浮かんで何事も前向きに取り組めるようになると思います。 その選択の上で、人と違うことに興味を持つこともあるかもしれませんが、それは決して間違いじゃない! Follow your heart、自分の心に正直に従って突き進んでみることが自分を幸せにする大きな一歩だと感じます。 「自分」というものを大切にして、将来のために有意義な大学生活を過ごしてください!応援しています!:)

田制先輩、ありがとうございました!